トップページ みらいネットを始めよう! みらいネットの機能と概要 メリット&ケーススタディ 便利な付加機能がいっぱい! ご登録の流れ 利用料金 ダウンロード
 

トップページ登録のご案内 図書電子蓄積型 > 既存住宅流通・リフォーム推進事業対応タイプのご案内

 
  登録のご案内 図書電子蓄積型  
 
 「既存住宅流通・リフォーム推進事業対応タイプ」のご案内
 

 国土交通省では、住宅ストックの品質向上及び既存住宅の流通活性化を図るため、既存住宅の売買や分譲共同住宅の大規模修繕工事に際して、住宅瑕疵担保責任保険法人による検査、瑕疵保険への加入、履歴情報の登録・蓄積等を行う事業について、その工事費用等の一部を助成する「既存住宅流通・リフォーム推進事業」を行っています。

 ( →「既存住宅流通・リフォーム推進事業」の詳細は 国土交通省HP でご確認ください )

 本事業により管理組合が補助を受ける場合に必要な住宅履歴情報の登録を行う機関として、マンション管理センターは「住宅履歴情報登録機関」に登録されております。

 ○ 本事業に応募された場合は「マンションみらいネット」を是非ともご利用ください!

ご注意事項

【ご注意】
  平成24年度の「既存住宅流通・リフォーム推進事業」において、住宅履歴情報の登録又は
 蓄積に要する費用は補助の対象となりません。


 ☆ ご登録には「スピード登録方式をご利用いただけます!
   ※ 登録申請書と登録シートを兼ねた1枚の様式(両面)でスピーディーに登録できます。
国土交通省「既存住宅流通・リフォーム推進事業(大規模修繕タイプ)」に応募し、補助金の交付を受けようとする管理組合向けに、マンションみらいネット(図書電子蓄積型)の期間限定プランとして、「既存住宅流通・リフォーム推進事業対応タイプ」を設けました。
   
管理組合が「既存住宅流通・リフォーム推進事業(大規模修繕タイプ)」の補助金の交付を受けるための要件の一つに「住宅履歴情報の登録又は蓄積」があります。
   
本事業に係る「住宅履歴情報の登録」を第三者に依頼する場合には、国土交通省が公表する「住宅履歴情報登録機関」に依頼する必要があります。

「マンションみらいネット」「住宅履歴情報の登録」に最適なツールです。

   
本事業の補助金の交付を受けることを前提に、「マンションみらいネット」にご登録いただく場合は、「マンションみらいネット(図書電子蓄積型)既存住宅流通・リフォーム推進事業対応タイプ」にご加入いただくことになります。

「マンションみらいネット(図書電子蓄積型)既存住宅流通・リフォーム推進事業対応タイプ」の詳細は以下のとおりです。

 

 ☆ 「既存住宅流通・リフォーム推進事業対応タイプ」の特色

@ 保管期間を10年間とし、189,000円(管理組合単位)を一括払い(10年間分)していただきます。 (消費税分を除く、180,000円が補助対象になっております。
   
A 当該大規模修繕工事に係る住宅履歴情報(各階平面図、施工関連図書、保険法人の検査資料)については、少なくとも必ず保管する必要があるため、センターの指定する方法により、電子化・保管を行うことになります。
   
B 10年の保管期間終了後も引き続きご利用いただく場合は、「マンションみらいネット(図書電子蓄積型)」に移行し1年間の利用契約となります。
   
C もちろん、マンションみらいネットの様々な機能や各種特典は通常のタイプと同様にご利用でき、管理組合の運営をサポートします。
 

 

◇ みらいネットの機能はこちらから

(修繕履歴等の情報や電子化した図書を組合員が共有化できる等)

 

◇ みらいネットの特典はこちらから

(住宅金融支援機構のリフォームローンの保証料が約20%割引になる等)


   ▼ お申し込みの際は、下記「利用案内」と「利用規約の特約条項」をご一読ください。
    ◇ PDF マンションみらいネット利用案内≪図書電子蓄積型≫ (PDFファイル 3.24MB)
    ◇ PDF 「既存住宅流通・リフォーム推進事業対応タイプ」利用規約の特約条項 (PDFファイル 12KB)
   
  → その他関連書類のダウンロードはこちらからどうぞ
 

 
◇ マンションみらいネットのトップページに戻るときはこちらからどうぞ
 
 
 
ページトップへ戻る
Copyright (C) Condominium Management Center.